愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
特別展・企画展

特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」
開催期間 平成28年4月23日[土]~6月12日[日]
会場 愛媛県歴史文化博物館 企画展示室
開館時間 9:00~17:30入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日
(但し、祝日の場合は翌日が休館。第一月曜日は開館、翌日休館)
観覧料 大人※高校生以上 65歳以上 小中学生
特別展 550円(450円) 280円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金。
 


 愛媛県内では東予、中予、南予の地域ごとに特徴のある祭り文化が見られます。東予地方の太鼓台(四国中央市、新居浜市)、だんじり(西条市)、継ぎ獅子(今治市)、中予地方の神輿(松山市ほか)、南予地方の牛鬼、鹿踊、人形屋台(宇和島市、八幡浜市ほか)など全国的に見ても豪華絢爛であり、迫力満点で、勇壮優美な祭りが伝承されています。
 今回の展示は「えひめいやしの南予博2016」広域コアイベントとして、南予地方の祭礼を中心に据え、南予の「新たな地域資源の掘り起こし」を目的とし、平成12年度企画展「愛媛まつり紀行」以降に当館での調査研究で進展した最新の成果を公開することを主眼としています。吉田秋祭り等の「おねり」(人形屋台)や各地の牛鬼の実物展示を中心に、各種の南予の祭り資料を展示し、南予の地域性を明確にするため、東予、中予の祭りとの差異を紹介し、観覧者が自らの地域文化の特徴を理解し、地域への愛着を醸成する機会となればと考えています。
 また、この特別展では、近年確認された「銅山略式志」(平成26年新発見・新居浜〔旧別子〕の祭礼図)、「氷見石岡神社祭礼渡御行列之図」(初公開・西条だんじり行列図)、「阿沼美神社祭礼神輿宮出之図」(新発見・初公開・江戸時代の松山秋祭り図)を展示するとともに、同時開催のテーマ展「祭礼絵巻―描かれた南予の祭り―」では「大洲八幡神社祭礼図」(初公開、最古の大洲秋祭り図)、「八幡宮御祭礼画図」(初公開・県内現存最古の吉田秋祭り絵巻)や県外から借用する「宇和津彦神社祭礼絵巻」(里帰り展示・江戸時代の宇和島の祭礼絵巻)を公開し、江戸時代から戦前の愛媛各地の祭りの歴史・文化を紹介します。

主な展示資料
(1)愛媛県内の祭りと芸能写真パネル 500点
(2)怖ろしい「鬼」大集合:牛鬼、ダイバン、神楽面(南予各地)、ホタ(吉田)、ホタカブ(宇和)
(3)東北地方との文化的つながり:宮城県、岩手県の鹿踊、南予各地の鹿踊
(4)南予独特の「人形屋台」:吉田の「おねり」、伊方町の御車

[実物展示] 南予の牛鬼①
愛南町岩水地区

[実物展示] 南予の牛鬼②
松野町松丸地区

[実物展示] 南予の鹿踊りの源流
宮城県仙台市の川前鹿踊


[初公開] 江戸時代の吉田秋祭り絵巻「八幡宮御祭礼画図」 当館蔵
※常設展示室でのテーマ展「祭礼絵巻」にて展示(常設展もしくは共通観覧料が必要です。)


[初公開] 平成28年に所在確認された吉田秋祭り絵巻「吉田祭礼絵巻」 個人蔵
※常設展示室でのテーマ展「祭礼絵巻」にて展示(常設展もしくは共通観覧料が必要です。)


[初公開] 江戸時代の松山秋祭りの図
「阿沼美神社祭礼神輿宮出之図」 個人蔵・当館保管

[平成26年発見] 江戸時代の新居浜(別子銅山)の祭礼図
「銅山略式志」 個人蔵・広瀬歴史記念館保管

[初公開] 戦前の西条まつり(氷見祭礼)の図
「氷見石岡神社祭礼渡御行列之図」 石岡神社蔵

関連事業
1
民俗芸能サミット「南予藝能講座(鹿踊りの系譜)」
日時
5月28日(土)16:00~18:00
会場
愛媛県歴史文化博物館 多目的ホール
申込先
えひめいやしの南予博実行委員会に事前申込が必要です。参加費無料
内容
①鹿踊りの実演
②鹿踊りシンポジウム
 菊地和博氏(東北文教大学短期大学部、山形県)
 小谷竜介氏(東北歴史博物館研究員、宮城県)
 大本敬久氏(愛媛県歴史文化博物館専門学芸員)

2
「県指定無形民俗文化財 南予の文楽(人形浄瑠璃)公演」
日時
5月5日(木・祝)13:30~16:00
会場
愛媛県歴史文化博物館 多目的ホール
申込み
当日受付(先着250名)
参加費
当日の特別展観覧券または共通観覧券が必要です。
内容
南予地方を代表する郷土芸能である「文楽(人形浄瑠璃)」の実演および初心者向け解説を行います。

3
四国の祭り・行事シンポジウム「地域の祭り・行事の現状と将来」
日時
6月11日(土)13:30~16:30
会場
愛媛県歴史文化博物館 多目的ホール
申込み
事前申込不要、当日受付(先着250名)、参加費無料
テーマ
地域の祭り・行事の現状と将来―四国の「無形民俗文化財」を考える―
内容
四国4県の祭り・行事調査の実施状況や、既に指定・選択されている「無形民俗文化財」の現況、課題、そして将来への継承の課題を取り上げます。
主催/四国民俗会
共催/愛媛県歴史文化博物館

4
歴史文化講座(事前申込が必要です。当館までお問い合わせください)
(1)民俗講座「だんじりと太鼓台から見た愛媛の祭り」
日時
5月8日(日)13:30~
講師
佐藤秀之氏(祭礼風流研究集団「蝙蝠団」所属)
会場
研修室
参加費
無料
(2)民俗講座「愛媛の祭りと芸能―愛媛・お祭り博覧会2016の見どころ紹介―」
日時
5月15日(日)13:30~
講師
大本敬久(当館学芸員)
会場
研修室および常設展示室、企画展示室
参加費
特別展・常設展共通観覧券(当日分)が必要です。
(3)体験講座「親子教室 文楽(人形遣い)に挑戦!」
日時
6月4日(土)13:30~
講師
谷本麻希(当館職員)・大本敬久(当館学芸員)
会場
研修室
参加費
無料
定員
20名

5
ギャラリートーク
内容
企画展示室・常設展示室での「祭りと芸能」展示を学芸員が解説します。
日時
5月4日(水・祝)13:30~
会場
企画展示室入口
申込み
事前申込み不要
参加費
特別展・常設展共通観覧券(当日分)が必要です。


トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)